Our Brand

TAIZEN とは

TAIZENは2020年2月に最高のラックを作るプロジェクトとしてスタートしました。ピアノ製造で培った最高の木工技術をオーディオラックに応用し、オーディオボードを一つ一つ手作業で製造し、金属ポールは金属加工技術の知見を取り入れた制振構造を取り入れ、職人により全てのパーツを精密に削り出すことで妥協のない品質を実現しています。私たちの工場は、古くから日本の楽器製造の中心地であった静岡県西部の袋井市にあります。設計・製造のすべてを日本国内で行い、新しいスタイルとサービスを提供する製品開発を目指しています。目指しているのは、最高の音楽体験を提供することです。

デザインコンセプト

TAIZENラックは熟練した技術により支えられています。楽器製造で培った木材加工技術と金属加工で培った振動抑制技術や精度を追い求める技術を組み合わせることで、最高の音質を実現しました。

ラックに設置されるあらゆる機材の性能を完璧に発揮することを目指し、制振性・耐久性・そして音質の全ての面で機材を最適なパフォーマンスで動作させるために特徴ある様々な構造を取り入れています。

これらの特徴は、そのすべてが非常に重要です。

  1. 極厚のタモ集成材(製品ラインナップ40㎜・50㎜)の芯材

  2. 厚突きの突板を使用したクロス張り仕上げ

  3. ポリエステル塗装での表面仕上げ

  4. 無垢ステンレス材から削り出し製造されるポール

  5. 新しいスパイク概念「ラジアル・サポート構造」

  6. 1/1000の精度

  7. 比類のない強度と安定性

  8. ​無駄を削ぎ落とした機能美

 

1.極厚のタモ集成材芯材

棚板は、ラックの心臓部となる非常に重要なコンポーネントです。

棚板の最大の目標は、置かれた機材を外来振動から保護し、加えて機材から発せられる微振動を外部に伝えないことです。

芯材はタモ修正材を使用。厚さ35㎜または45㎜の非常に厚い板で制作しています。TAIZENでは開発時のかなりの部分を棚板の最適化に費やし、十数種類にも上る樹種をテストした上で選定されました。タモ材は固く靭やかで、野球のバットやボートのオール等に加工されるほど強靭さを持っている木材です。タモ材の棚板は外部からの振動に均一に反応し、エネルギーを吸収して減衰させます。

2.厚突きの突板を使用したクロス張り仕上げ

 

楽器製造時に用いられる厚突きの突板(メイプル・ウォールナット・マホガニーをラインナップ)を使用しクロス張りで仕上げています。一般的に広く使用されている突板は0.1〜0.3mm程度の薄突きと呼ばれる素材であることが多いですが、TAIZENでは美観と音質の両面の理由により、0.8〜1.0mm程度の厚突きと呼ばれる厚みのある突板を使用しています。クロス張り仕上げとは、2枚の突板を木目を90度交差させて貼り合わせる伝統的な製造方法です。非常に手間の掛かるこの仕上げにより、突板の貼り付け強度が向上し、更に塗装したときの木目の陰影が増すため、最高級品に相応しい美しい外観が得られます。

3.ポリエステル塗装での表面仕上げ

 

表面仕上はポリエステル塗料を採用。ポリエステル塗装は耐摩耗性に優れ、塗膜の硬度を非常に固く仕上げる事が可能です。

耐摩耗性に優れるポリエステル塗料では機材を置いた際に発生する擦り傷を最小限に抑えることが出来ます。反面、高い硬度が故に衝撃には弱く、強く落とすように機材を設置すると割れてしまう可能性がありますので注意してください。

また、化学反応で硬化する特性上塗膜を厚くすることが可能で、TAIZENラックではおおよそ0,5〜0.7㎜のポリエステル塗膜が構成されています。この厚い塗膜と硬いポリエステルの特性により、木材の表面上の振動を効果的に減衰することが可能となり、TAIZENの驚異的な音質の一端を担っています。

4.無垢ステンレス材から削り出し製造されるポール

 

ポールは、無垢の金属丸棒から切り出して製造します。
ポールは直径30mmの無垢のステンレス材から削り出しています。最長ポールである300mmモデルを含め、すべてのポールは1本の部材から削り出しており、音質を優先するためにネジによる分割された延長構造は採用していません。

5.新しいスパイク概念「ラジアル・サポート構造」(特許第6901810号)

 

新しいコンセプトの振動抑制構造「ラジアル・サポート構造」を開発しました。この構造は、金属加工技術の知見を活かした振動抑制構造で、オーディオ業界では半ば常識となっているスパイクによる点接地構造を排除しています。ラジアルサポート構造では全ての接点が60°の円錐と60°のすり鉢の面と面で接触し、スパイクはスパイク受けへ嵌まり込むように挿し込まれます。その様はさながら宇宙船のドッキング機構のようにスパイクが常に中央に位置し、すべてのポールの重心が寸分の狂いもなく完全に一致します。これにより、各段が独立したラックでありながら、何段積み上げても完全に安定しているという驚異的な高剛性を実現しています。

​ラジアル・サポート構造(図①)ではスパイク先端部が何処にも面しておらず、スパイクの円錐面をスパイク受けの円錐面で面接触(図①指示部S)で支えています。従来よく見られる方式である図②③ではスパイクの頂点を点接地(指示部P)で支えており、全ての荷重はこの一点に掛かります。対してラジアルサポート構造ではスパイクの頂点部分には接触点はなく、空間を設けています(図①指示部H)。この空間により全ての荷重は面(図①指示部S)部分に掛かり、且つ自動的にセンターが出るよう沈み込んでゆきます。

​③

 

6.1/1000の精度

全ての金属パーツは1000分台の精度を目指し製造されており、通常の量産品とは桁の違う精度を目指しています。

​特にスパイク先端とスパイク受けの軸受部分は極めて精度の影響を受けやすい部分です。この精度を完璧に仕上げることで、TAIZENラックの目標とする剛性・音質を実現しています。

7.比類のない強度と安定性

 

TAIZENは使いやすさを重視して全段独立式の構造を採用しています。前段独立式は使いやすい反面、どうしても構造体として安定性に欠け、タワーとしてのリジットを実現することが難しくなります。この課題はTAIZENの解決しなければならない最大の問題でした。この課題に懸命に取り組み様々な設計を試した結果、ラジアルサポート構造の開発に至り、何段重ねようともまるで固定されているかのようなリジットを保ったタワーラックを実現することが出来ました。

この高い剛性は、組んでいるラックを手で揺らしてみると即座に実感いただけることでしょう。

 

8.無駄を削ぎ落とした機能美

TAIZENのラックは、最終目的である音質以外の要素についても細部に至るまで完璧を目指します。

オーディオラックは主役ではなく、載せられる機材の形状とインテリアとの調和を尊重しながら、ラックのデザインを完成させました。どんな機材やどんなインテリアにも合う様に、過度な主張は控えた機能美を追求した普遍的なデザインです。